《今週のメッセージ6月7日》  Message of this week, June 7

Matthew 12: 1-14 Something Greater than the Temple 宮よりも大きなる者 June 7, 2020

マタイの福音書第12章1~14節  宮よりも大きなる者 2020年6月7日

 

 

We seem to be swept along by forces greater than our human wills. Our leaders and medical experts, caught by an unknown, easily transferable corona virus, stumbled into a massive shut down of economic and social activity. Then, suddenly, with the death of Mr. George Floyd on May 25, the doors opened and everyone poured out onto the streets, shoulder to shoulder.

どうやら私たちは、人間の意向など物ともしない強大な何かに襲われたようです。まず最初に、簡単に伝染する未知のコロナウイルスに襲われると、社会のリーダーや医学の専門家も含めて誰もうまく対処できず、大規模な経済的・社会的活動の停止を余儀なくされました。続いて、5月25日にジョージ・フロイド氏が殺害されると、突然、皆が扉を開けて、外に飛び出してきて、あらゆる場所に人だかりができました。

 

Especially in uncertainty, we cling to the things we are sure about: God works all things for good, and our responsibility is to live faithfully in God’s love.

不安定な時こそ、確かなものにしがみつきたいと思うものです。神は全てのことをよい方向に導いてくださるので、私たちにできることは、神の愛の中で誠実に生きていくことなのです。

 

Psalm 31: 14, 15a “But I trust in you, O Lord; I say, ‘You are my God.’ My times are in your hand.”

『しかし、主よ、わたしはあなたに信頼して、言います、「あなたはわたしの神である」と。わたしの時はあなたのみ手にあります。』詩編第31編14・15節

 

Ecclesiastes 12:13 “The end of the matter; all has been heard. Fear God, and keep his commandments; for that is the whole duty of every one.”

『すべてに耳を傾けて得た結論。「神を畏れ、その戒めを守れ。」これこそ、人間のすべて。』コヘレトの言葉第12章13節

 

But it sure has been a roller coaster ride, hasn’t it?

とはいうものの、現実には、いろいろと本当に大変なことが起こりますね。

 

My goal, for myself, for our congregation, is to build life on a solid foundation. I hope someday you and I will be people who are not desperate for an encouraging word somewhere, somehow, from someone else, to keep us going another week, but people who know how to continually go to the source of encouragement and scoop out a refreshing drink of God’s goodness.

教会の集会における、私の個人的な目標は、確かな土台の上に人生を築くことです。それはつまり、いつの日か、皆さんと私が、他の誰かから何かしらの激励の言葉を受けなくても、次の一週間を生きることができる人になることです。そして、自身を鼓舞し続け、また神の慈愛という爽やかな飲み物をその手で絶え間なくすくい取ることができる人になることです。

 

I want you to know the basic outline of the Old Testament and the New Testament, not as academic information, but to know what kind of relationship God has had with human beings since the beginning, who God is, how God acts with people, what you can expect in prayer.

私は、皆さんに旧約聖書と新約聖書の基本的な概略を理解していただきたいと考えていますが、それは、教養としてではなく、神が人間とどのような関係を築いてきたのか、神とは誰なのか、神は人間に対してどのように振舞うのか、祈りの中で何を求めるとよいのかを知るためなのです。

 

Shall we think about our own life and heart, and decide to take another step toward being confident in relationship with God, so we will be neither arrogant nor afraid every day?

傲慢な気持ちや恐怖心を持つことなく日々を過ごすためには、自身の生活や感情について考え、神との関係性に自信を持つには次にどうすればよいのかを決めなければならないのでしょうか。

 

The Thursday Bible study went carefully through the Gospel of Mark for two or three years, and in 2020, on Sundays we are moving quickly through the Gospel of Matthew, choosing several stories in each chapter. Please continue reading the Gospel of Matthew so you will feel familiar with it yourself at the end of this year.

木曜日に行われている聖書の集いでは、2~3年程かけてマルコの福音書を精読しました。2020年の日曜礼拝では、マタイの福音書をかいつまんでお話ししていますので、今年の終わりには、マタイの福音書は皆さんにとって馴染み深いものになると思います。どうか読み続けて下さい。

 

And so to our morning text, Matthew 12: 1-14, with focus on verses 1 to 8.

今朝は、マタイの福音書第12章1~14節、特に1~8節に焦点を当てたいと思います。

 

Is this anything like the looting that we saw this week? The disciples were hungry, so they reached out and slid the ripe kernels off the plants and munched on them as they walked through grainfields at harvest time. By the way, the grain in Palestine at that time would have been barley or wheat, but it is most likely that the disciples were eating what are sometime called wheat berries.

これは、今週起こった暴動のようなものでしょうか。イエスたちが収穫時期の穀物畑を通った時、弟子たちは空腹だったので、その穀物に手を伸ばして、実を取って、むしゃむしゃと食べてしまいました。ところで、その当時パレスチナで栽培されていたその穀物というのは、大麦か小麦であったかもしれませんが、弟子たちが食べていたのは、おそらく、ときに小麦粒と呼ばれるものであったと考えられます。

 

Jewish custom allowed passersby to reach out and eat from ripe grain or fruit as they passed through a field on a public path. People could not go into the field to eat or fill a container to take home, but what the disciples did was acceptable six days a week. The Pharisees seemed to be waiting at the edge of the field to accuse the disciples of “reaping on the Sabbath.” According to the 4 th of the 10 Commandments, the Sabbath, was a holy day. No one, Jewish, foreign, slave, free, adult, child, was to work, but to rest in God’s goodness. (Exodus 20:8-11)

ユダヤ人の慣行では、公道を通る際に、公道に面した畑の穀物や果物を取って食べるというのは、一般的な行為でした。わざわざ畑の中に入って食べたり、穀物や果物を入れ物などに詰めて家に持って帰ることは許されませんでしたが、弟子たちがしたことは、週のうち六日は許される行為でした。パリサイ人は、弟子たちが「安息日に収穫する」のを恣意的に目撃して告発しようと、畑の端で待ち構えていたように思えます。十戒の第四の戒めによると、安息日は神聖であって、ユダヤ人も、異国人も、奴隷も、奴隷でない人も、大人も、子どもも、誰も仕事をしてはならず、神の慈愛の中で休まなければならなかったのです。(出エジプト記第20章8~11節)

 

This seems quite current and familiar, too, eagerly letting someone know what they have done wrong—not wearing a mask, not keeping 2 meter distance, not supporting the protestors, not supporting the police. It is public shaming.

これは、現在、私たちが置かれている状況にとてもよく似ています。マスクをしていない、2メートルの距離を保っていない、デモ隊を支援していない、警察を支持していないなど、他人の間違った行いを敢えて公衆にさらして恥をかかせたいのです。

 

Jesus responds to the accusation that his disciples have broken the Sabbath by reminding the religious leaders of very heart of God’s character and God’s relationship with people. If you attended Thursday Bible Study with Lilly on February 6, you read the story Jesus tells, I Samuel 21. David, chosen by God to be king was running away from Saul who was trying to kill him. David allowed his hungry soldiers to eat the bread in the Tabernacle consecrated to God, that only priests should eat.

弟子が安息日を守らなかったという告発を受けて、イエスは、宗教指導者を前に、神の特性の本質と神と人間の関係性を再認識させます。もし、木曜日の聖書の集いに参加されているのなら、この際にイエスが持ち出す話は、実は読んだことがあります。2月6日に、リリーさんと一緒に読んだサムエル記上21章です。サムエル記上21章では、ダビデは、神によって王として選ばれた人物でしたが、彼を殺そうと企むサウルから逃げていました。その際、ダビデは、お供の者たちが空腹を感じていたので、幕屋にあった神のために捧げられたパンを食べることを許しました。そのパンというのは、通常であれば祭司のみが食べることを許されているものでした。

 

Jesus also reminds the Pharisees that priests work in the sanctuary, technically breaking the Sabbath (Numbers 28:9,10; Leviticus 24:8) but are not guilty before God.

またイエスは、パリサイ人に対して、厳密に言うと、宮にいる祭司たちも安息日を守っていないけれども、神聖を冒したとして罪になるようなことはない(民数記第28章9・10節、レビ記第24章8節)ということも指摘しています。

 

We are speaking of something so holy and deep that we can only be “the finger pointing at the moon.” Jesus is not saying that people should use their best judgment about when it is important to keep God’s laws. Jesus made it clear that he didn’t come to sweep away God’s laws, but to fulfill them. (Mt 5:17) Jesus is not saying that the worship of God in the temple is irrelevant, but that “something greater than the temple is here.” (12:6)

これは、とても神聖で深い話であり、私たちは「月を指す指」になることしかできません。とは言うものの、イエスは、神の律法に従うべきかどうかを、各自で考えて決めるように言っているわけではありません。また、イエスは、神の律法を廃棄するためではなく、成就させるために現れたのだと明言しています。(マタイの福音書第5章17節)さらに、イエスは、宮における神への祈りが無関係であると言っているのでもなく、「ここに宮よりも大きなる者がいる」と言っているのです。(マタイの福音書第12章6節)

 

It does matter how we live, whether we are honest, faithful to our commitments, honor our elders, live decent and orderly lives. It does matter, even when we are hungry or thirsty or lonely! But we are not racking up points, or protecting ourselves from bad things happening, or justifying our existence with

that good behavior. God’s will is not appropriate behavior but the mercy and goodness of God to all creation and specifically to us. The Holy Spirit helps us live a good life because God is good to us, merciful to us, our sins are forgiven, and we are free.

どのように生きるか、責任に対して正直で誠実であるか、お年寄りを敬っているか、きちんと規則にのっとった生活を送っているかということは、もちろん大切です。それは、空腹の時、のどが渇いている時、孤独を感じている時ですら、大切なのです!しかし、正しく生きることよって、ポイントを得たり、自身に悪いことが起こらないようにしたり、自身の存在を正当化したりするのではありません。神のみこころは、私たちが常に正しい行動をとることを期待しているのではなく、被造物、特に私たちに対する神のあわれみと慈愛にあるのです。神は寛大であり、あわれみ深く、私たちの罪を赦し、自由にしてくださるのですから、聖霊が私たちをよい人生へと導いてくれます。

 

Whether trying to live wisely around a virus without treatment or a vaccine, or watching injustice catch up with our self-righteous, wealthy society, the teaching of Christ in today’s text directs us to seek God’s mercy as central. We can condemn looting, which is wrong. But racial and economic justice are not someone else’s problem. Pray for two Hmong policemen in Minneapolis crushed between looking the other way to be accepted by the white majority and their identity as Asian Americans discriminated against by both black and white. How can you and I seek our foundation in Christ, who is God’s mercy?

ウィルスに対して治療や予防接種を受けることなく抜け目なく生活できるようにしていようが、独善的で権力を持つ集団の不正を見破ろうが、本日取り上げた節におけるキリストの教えは、神のあわれみを求めることに集中するよう、私たちを導いています。略奪行為を非難することは簡単です。もちろん略奪行為は誤った行為ですが、人種的・経済的な公平さというのは、他人事ではないのです。多数派の白人に受け入れられるために自分を押し殺すことと、黒人にも白人にも差別されてきたアジア系アメリカ人としてのアイデンティティとの間で板挟みになったミネアポリスのフン族の警官のために祈りを捧げましょう。皆さんも私も、どのようにして、神のあわれみであるキリストの下に人生の土台を見つけるとよいのでしょうか。

《今週のメッセージ5月31日》  Message of this week, May 31

Matthew 11 20-30 focus on vv 28 to 30 May 31, 2020 Burdens and Rest

マタイの福音書第11章20~30節(28~30節をメインに) 2020年5月30日 重荷と安らぎ

 

 

The three Gospels, Matthew, Mark and Luke, tell the story of Jesus’ life in a way that is similar. Scholars think that Mark was written first, and that Matthew and Luke used Mark’s basic outline, adding other material, skipping over parts, and changing the order, to best tell the story of Jesus who had changed their own lives.

マタイ、マルコ、ルカの三つの福音書には、類似した方法でイエスの人生が記載されています。最初にマルコの福音書が書かれ、マタイとルカは、自身の人生を変えたイエスにまつわる話を最善の方法で記すため、マルコの福音書を参考にしながら、他の要素を加えたり、マルコの福音書の内容を所々省いたり、順序を変えたのだと、学者は考えています。

 

 

The Gospel of John is different. It doesn’t follow the order of Mark, and looks at the story as a deep encounter between Jesus, the Living Word of God, and the existence of a human. The teachings about Jesus, and by Jesus, are not necessarily tied to specific events, but speak to eternal truths about everyone, in any time and place.

ところが、ヨハネの福音書は違います。ヨハネの福音書は、マルコの福音書の様式には沿わず、神の言葉を体現する存在であるイエスと、人間という存在との、深いやり取りとして、イエスにまつわる話をとらえています。イエスにまつわる話を通して、もしくはイエスの言葉から得られる教訓は、特定の出来事にだけ当てはまるというわけではなく、いつでもどこでも誰にでも当てはまる永遠の真理を説いているのです。

 

 

Please understand that I believe that the life of Christ in the Gospel of John is historical, and also that the teaching of Matthew, Mark and Luke about Christ transcend their historical setting. I am describing different ways the Gospels express the universality and specificity of Jesus the Christ.

はっきりさせておきたいのですが、私は、ヨハネの福音書で語られるキリストの人生は、史実に基づくけれども、マタイ、マルコ、ルカの各福音書の教えに登場するキリストは、歴史的事実(背景)を超越すると考えています。つまり、ここで私がお話ししているのは、これらの福音書が救世主イエスの普遍性と特異性をそれぞれ異なった形で表現しているということです。

 

 

Having said that, Matthew chapter 11, verses 25 to 30, are called “a Johannine thunderbolt.” What is meant by that is that in the middle of Matthew’s ongoing story of Jesus’ life, we find a prayer that is

similar to the long, mystical prayer of Jesus in John 14-17, and other teachings in John. So we see that the four Gospel writers are writing about the same Christ, the same God, the same story, even though the Holy Spirit led each person to understand and express it in their own particular way.

そうとは言うものの、マタイの福音書第11章25~30節は、「ヨハネの不意打ち」と言われています。なぜなら、マタイの福音書でイエスの人生について語られている途中で、ヨハネの福音書第14~17章に登場する長い神秘的な祈りやその他のヨハネの福音書の教義に似通った祈りのフレーズが登場するからです。つまり、福音書の四人の著者は、聖霊の導きによって、それぞれ別の方法で理解し表現をしているけれども、各福音書に登場するキリストや神や話は、全て同一であると考えることができます。

 

 

Let’s look this morning especially at verses 28 to 30. What kind of weariness and burdens is Jesus talking about here? And what is the rest, the easy yoke, that Jesus is offering?

今朝は、28~30節に注目してみましょう。イエスは、どのような疲労や重荷について語っているのでしょうか。そして、イエスが説いている安らぎ、つまり負いやすいくびき(訳注:くびきとは「自由を束縛するもの」(広辞苑第六版より))とは、何なのでしょうか。

 

 

Reading the whole of the Bible, we know that Jesus is not offering release from the burden of living a human life. Whatever rest Jesus is offering here, it has to do with believing that God created all things, including human life and including ourselves, with love and wisdom. The big problem that the Bible addresses is that human beings aren’t living freely and happily the full human life. God doesn’t want to deliver us from being human, to a spiritual life apart, but wants us to buckle down and be fully human.

ご存じの通り、聖書をすべて読むと、イエスを信じていても、人生の中で遭遇する重荷から解放されるわけではないことがわかります。ここでイエスが言っている安らぎというのは、人間の生活や私たち自身を含む全てを、神が愛と知恵を持って創造したということと関係しているのです。聖書のテーマとなっている大きな問題というのは、人間は常に自由に幸せに生きているわけではないということです。神は私たちに人間としての生活から離れて、現実離れした神聖な生活を送ってほしいのではなく、人間としての生活を着実に送ることを望んでいるのです。

 

 

Think of a person who has become dependent on alcohol or drugs that alter their emotions and understanding of themselves and others. It is a big challenge for that person to imagine and choose a life without the drug, without alcohol. But the biggest challenge for that person is then to face themselves, their family, their life history, their circumstances, without escaping into the addiction. The road to health and happiness is to accept and forgive themselves and others, to be themselves, to humble themselves and see that they are important, that life is worth living.

アルコールや薬物に依存している人を例に挙げてみましょう。アルコールや薬物は、その人の感情や物の見方を変えてしまいます。その人にとって、アルコールや薬物なしの生活を送ることや、そんな生活を想像することは、とても困難でしょう。しかし、一番困難なことは、アルコールや薬物の力を借りずに、その人自身や家族、これまでの人生、置かれている環境に正面から向き合うことです。健康で幸せになるためには、自身や他者を受け入れて許し、あるがままに、謙虚になって、自身がかけがえのない存在であり、その人生には生きる価値があると認識する必要があります。

 

 

Today is Pentecost. This is the 77 th day of our stay-at-home. Acts 2 tells of the 50 th day after Easter, when the frightened disciples were still hiding after the death of Jesus. As Jesus had promised, the Holy Spirit was sent down to them, resting like little tongues of fire on their heads and filling them with joy and confidence. They spilled out onto the streets of Jerusalem to tell all they knew about Jesus. We call this the birthday of the Church.

本日は、五旬節です。私たちの自宅待機が始まって77日目でもあります。使者の動き第2章では、イースターの50日後の様子が記載されています。イエスの死後、使徒たちは怯え、身を潜めていました。ところが、イースターの50日後に、イエスが約束した通り、聖霊が現れました。聖霊は、炎のような舌として現れ、ひとりひとりの頭の上にとまって、みなを喜びと自信で満たしました。使徒たちは、一斉にエルサレムの通りに出て、イエスについて知っていることをすべて話しました。これが五旬節であり、五旬節は教会の誕生日と言われています。

 

 

The rest that Christ speaks of here can also be considered the filling of the Holy Spirit. The fullness of God’s rest, the presence of the Holy Spirit, does not separate us from the human experience, it does not make us humans plus alpha. The Bible says that to be filled with the Spirit is simply to be human, to be what we were created to be. If we are operating without the Holy Spirit, with crushing burdens, we are missing something as humans.

ところで、本日取り上げているマタイの福音書の節でキリストが言っている安らぎとは、聖霊によって満たされることだと考えることもできます。満ち満ちた神の安らぎ、つまり聖霊の存在というのは、私たちを人間としての経験から引き離すものでなければ、私たちを人間以上の何かに変えるものでもないのです。聖書には、ただ人間として、神によって創造されたままに生きることで、聖霊に満たされると記されています。もし聖霊の存在なしに、押しつぶされそうな重荷を背負って生きているのであれば、人間として何か欠けているのです。

 

 

This is a huge claim. The claim that Jesus makes is very offensive, that we are all missing the point of being human unless we love God and love our neighbor, and that only in Christ can we do that.

これはとても大きな主張であり、とても失礼なものです。なぜなら、神を愛し隣人を愛さない限り、人間である意味に欠けていて、キリストのうちにのみ、完全な人間として存在することができると言っているからです。

 

 

So what is the weary burden that Christ wants to set us free from? Apparently, the opposite of the burden is the easy yoke of Christ, our gentle and humble Lord. The burden is not the Old Testament—why, that leads us straight to Christ! Is not the burden a selfish life without love, a life struggling to find our way without loving God? I don’t like to handle human waste, but if I had a grandchild, I would change diapers without even thinking about how gross it was. My mind and heart would be on the child! Is that not a life of rest and a light burden?

では、キリストが私たちから取り除きたいと思っている余計な重荷とは何なのでしょう。重荷の反対は、心優しく謙虚な主であるキリストが負うくびきのように思えるかもしれません。重荷とは、旧約聖書のことではありません。なぜなら、旧約聖書は、直接キリストに繋がっているからです!重荷とは、愛のない自己中心的な人生、つまり愛に満ちた神の存在なしに、もがく人生のことではありませんか。私は、人間の排せつ物の処理をするのは好きではありませんが、もし孫がいれば、排せつ物の処理がどんなに不快であるかを考えもせずに、おむつを替えると思います。なぜなら、身も心も孫にささげているからです。こういったことが、安らぎの人生であり、荷が軽いということなのではないでしょうか。

 

 

People are spilling out onto the streets of Minneapolis, Atlanta, New York, Columbus and many other cities to claim their right to live without fear for their lives as people of color. Certainly, mixed in with the protestors are those who love all violence and chaos, or are just bored after a long stay-at-home. But nobody is going to find justice and peace through their actions. We hope and pray that wise leaders will be able to listen well and guide the next days and weeks to a better justice and better peace.

ミネアポリス、アトランタ、ニューヨーク、コロンバスなどの街で、多くの人がデモを行って、有色人種の人々が命の危険を感じることなく生活する権利を主張しています。抗議をする人々に混ざって、暴力や混乱を引き起こしたいと思っている人や、ただ単に長い自宅待機で退屈しているだけの人もいます。しかし、暴力などで、正義や平穏がもたらされるはずがありません。賢い指導者が人々の声をよく聞き、よりよい正義や平穏に導いてくれることを望み、祈りを捧げます。

 

 

When we are under a burden, we try to throw it off, to protest, to leave it behind. And yet it is very hard to move ahead or change without love. When we accept the presence of Christ, through the Holy Spirit, in our lives, we begin to live here and now, not what we should be or could be, but as loved right here and now. And that is the daily life of someone in yoke with Christ.

重荷を抱えている時は、その重荷を振り捨てたり、抗議をしたり、振り切ったりしようとします。それでも、愛がなければ、先に進んだり、変わったりすることは、とても難しいのです。聖霊を通して、キリストの存在を受け入れることで、私たちの人生はやっと始まるのです。その人生は、理想や仮定ではなく、神に愛されるがままであり、あるがままなのです。それこそが、キリストとともに送るくびきを負った生活なのです。

《今週のメッセージ5月24日》  Message of this week, May 24

Matthew 11: 1-19 Tell What You See and Hear

There are two ways we learn to follow Christ. These operate together, like your right and left eye. There are people who are only given one eye, and for them, God gives help and friends to learn to walk and judge distance and perspective. For most people, the two eyes give balance and confidence. Are you using both eyes?

 

So what are the two ways of learning to follow Christ that we must use both of?

 

One is by hearing of the tradition passed on from the Twelve Apostles. This means hearing the story of Scripture from the beginning of Genesis right down to the end of the Old Testament, and then through the last Old Testament prophet, John the Baptist. It means hearing the story that the Twelve Apostles told of their three years learning from Jesus, the witness to the cross and the resurrection.

 

Paul writes in 2 Thess. 2:15, “So then, brothers and sisters, stand firm and hold fast to the traditions that you were taught by us, either by word of mouth or by our letter.”

 

The second way we learn to follow Christ is by what we hear and see, that is, by the direct work of God through the Holy Spirit in everything that happens to us. I do not believe that God begins to speak to us when we first hear the Bible witness. I believe that from the time of our conception, our birth, and as we grow, the Creator God walks with us and teaches us truth and beauty. Not until we hear the Word of God through the Scriptures may we understand who God is, and who Christ is, as if to make clear what was only blurry or unfocussed, but God has spoken to us throughout our lives.

 

King David sings of how all creation speaks to humans of God in Psalm 19, “The heavens are telling the glory of God’ and the firmament proclaims his handiwork. Day to day pours forth speech, and night to night declares knowledge. There is no speech, nor are there words; their voice is not heart; yet their voice goes out through all the earth, and their words to the end of the world.” (19:1-4a)

 

David also sings of God’s knowledge of us quite apart from salvation in Psalm 139, “O LORD, you have searched me and known me. You know when I sit down and when I rise up; you discern my thoughts from far away. You search out my path and my lying down, and are acquainted with all my ways. Even before a word is on my tongue, O LORD, you know it completely” (139: 1-4)

 

And “For it was you who formed my inward parts; you knit me together in my mother’s womb. I praise you, for I am fearfully and wonderfully made. Wonderful are your works, that I know very well.” Psalm 139: 13, 14

Then, when we come across the Word of God in the Bible, God speaks directly to us through what we read, and then through all that happens to and within us. God expects us to keep our ears and eyes open to everything around us, because he is speaking to us through it all.

 

Matthew is telling us today part of the story of John the Baptist, and his relationship with Jesus Christ. This is the place where the tradition of truth that we have learned from others, and what we hear and see collide. John the Baptist had been taught through the Holy Spirit to announce that God’s Chosen had come. He had been sure that Jesus was the One, ever since he baptized Jesus, and the dove flew down from heaven, the voice was heard from heaven.

 

Now, in prison, facing death, John had to decide whether Jesus really was the One sent from God or not. “When John heard in prison what the Messiah was doing, he sent word by his disciples and said to him, ‘Are you the one who is to come, or are we to wait for another?” (11:1, 3)

 

Jesus’ answer to him was both a quotation from tradition, and a challenge for John to use his ears and eyes to make that decision. John knew what he had been taught from the Scriptures and had to apply it to what he saw around him.

 

“Jesus answered them, ‘God and tell John what you hear and see; the blind receive their sight, the lame walk, the lepers are cleansed, the deaf hear, the dead are raised, and the poor have good news brought to them.” (11:4,5)

 

Jesus is using words from the Old Testament that describe the coming of the Messiah—this is what it will be like!

 

We think Jesus was thinking of Isaiah 35:5,6a: “Then the eyes of the blind shall be opened, and the ears of the deaf unstopped; then the lame shall leap like a deer, and the tongue of the speechless sing for joy. For waters shall break forth in the wilderness…”

 

And Isaiah 61:1: “The spirit of the Lord GOD is upon me, because the LORD has anointed me: he has sent me to bring good news to the oppressed, to bind up the brokenhearted, to proclaim liverty to the captives, and release to the prisoners.” Except he left off the last part, about

release to the prisoners, perhaps because John was not going to be released from prison, but would die there.

 

And then, John the Baptist and his disciples had to listen, look, sift the evidence, and decide whether what they were seeing fit in with the tradition they had learned.

 

And, 2,000 years later, each of us is also learning the tradition passed down in the Scriptures, hearing and seeing everything around us, and deciding whether we will follow Christ or not.

 

You know that the church, all of us together, are called the body of Christ by Paul in the letters to the Corinthians. That is because we are the hands and feet of Christ on earth now. If God wants something done, we are here to obey his good purposes. Not just us as an individual, but as a community together.

 

So, if someone said, “Are Christians really followers of God, or should we look somewhere else for meaning and order in our lives?” they should hear and see whether what we are saying and doing are in harmony with the kind of work that God does.

 

Would you say that through us the blind receive their sight?

 

Would you say that the lame walk because of us?

 

Would you say that lepers are cleansed by what we do?

 

Would you say that the deaf are able to hear because of us?

 

Would you say that poor have good news brought to them by us?

 

This is not “doing good” or friendship, it is a mighty work that only God can do. It is not nice things that we can do, but work that God does through us to heal and restore what is sick and broken.

 

What do you hear and see that leads you to worship Christ as God?

 

What do we do together that might lead other people to think that Christ was truly God?

《今週のメッセージ5月17日》  Message of this week, May 17

Matthew 10: 26-39 Focus on verse 27 “What I say to you in the dark, tell in the light”

マタイの福音書第102639節(27節『わたしが暗やみであなたがたに話すことを明るみで言いなさい。』をメインに)

 

In today’s section of Matthew chapter 10, Jesus continues telling his disciples what to expect and how to act as they go out in Jesus’ name to “proclaim the good news, ‘The kingdom of heaven has come near.’ Cure the sick, raise the dead, cleanse the lepers, cast out demons. You received without payment; give without payment.” (Mt. 10:7,8)

 今日お話しするマタイの福音書の第10章では、イエスは、次のように説き、イスラエルの町に十二人の弟子を遣わせます。『「天の御国が近づいた」と宣べ伝え、病人をいやし、死人を生き返らせ、皮膚病に冒された者をきよめ、悪霊を追い出しなさい。あなたがたは、ただで受けたのだから、ただで与えなさい。』(マタイの福音書第1078節)そして、イエスは弟子たちに、イスラエルの町をめぐる際に、どのような心構えを持ち、どのように行動すればよいかを説き続けます。

 

We squirm and resist what Jesus says about opposition. Jesus is good, kind and truthful! Why does Jesus tell us that we will always meet resistance, and even violence, within our own community and our own household? Oh, surely not! Are we really being asked to make a choice between natural commitments of nation and family, and an underlying commitment to Christ? The teaching of Christ is that something is seriously wrong with the way society is working, and it won’t fix itself. There are many good names and good teachings, but the Name and Word of Christ are the true presence of God. Our commitment sets us free to serve.

 誰にも理解されず受け入れてもらえない環境下での心の持ち方について、イエスが説いている箇所に、納得できず疑問を持ちますよね。イエスは寛大で誠実なのです!それなのに、なぜイエスは、所属するグループや家庭の中で、常に抵抗や暴力にさえ遭うことになると言っているのでしょうか。いや、決してそのようなことは言っていないのです!私たちは本当に、所属する社会や家族と、キリストへの絶対的な忠誠のどちらかを選択するように迫られているのでしょうか。キリストの教えは、社会の在り方には、何か根本的に間違っている部分があって、その間違った部分が自動的に正されることはないと言っているのです。高名な方はたくさんいらっしゃって、良い教えもたくさんありますが、キリストの名と言葉には、真に神が存在しているのです。キリストに忠誠を誓えば、信仰を続けることで抵抗や反対に遭うかもしれないという恐怖心から解放され、キリストに仕えることができるのです。

 

We might think that with many of us at home and not in public places, we would be better able to keep our lives private. Strangely, our lives have become more visible to others. The government is tracing virus exposure through our cell phone movements! We can’t conceal background noises of children or pets or washing dishes while on our cell phones. With ready cell phone and laptop cameras, people are seeing into our homes and families more than ever. In the beginning of the ZOOM era, I wasn’t getting audio but didn’t realize that my microphone was on and letting others hear me bickering with my husband.

 家にいて、公共の場に行くことがなければ、自身の暮らしを他人に邪魔される機会も減ると思うかもしれません。ところが、奇妙なことにも、個人の生活がより他人にさらされるようになりました。例えば、政府は、私たちの携帯電話の位置情報から、ウィルスの濃厚接触者を検出・追跡しています。また、電話で会話をするときに、紛れ込む子どもの声やペットの鳴き声、洗い物をする音などを隠すことはできません。誰でも手軽に利用できる携帯電話やパソコンのカメラを通して、自宅や家族が他人の目にさらされる機会が増えているのです。Zoom(ズーム:オンライン上で会議などを開催できるシステム)を使い始めた頃、私には他の参加者の声が聞こえていなかったので、他の参加者にもこちらの音声は聞こえないものだと思い、夫との口げんかを他人に聞かせることになってしまったことがありました。

 

But Jesus says that having nothing hidden, rather than a cause of fear, should give us confidence! (verse 26) What is true and good will be known. Bible scholars discuss whether Jesus is saying that the truth will come out over the course of a lifetime, or whether Jesus is saying that when we stand before God at the final judgment, there will be no more lies. I think, ultimately, only in God’s presence will truth come out.

 けれども、イエスは、隠し事が明るみになることを恐れ続けるよりも、隠し事を持たない方が、自信を持てると言っています!(26節)真実と善は、いずれ皆に知れ渡ります。聖書学者の間では、イエスが真実というのは人生を通して見つけていくものだと言っているのか、それとも神の前に立って最後の審判を受ける時にすべての偽りが消えると言っているのか、という議論があります。突き詰めていくと、真実というのは、神が存在しているところにおいてのみ、明らかになるものだと私は思います。

 

Humans are the only animals who lie. Lies serve a purpose of justifying our wishes and behavior in front of other people, or persuading others to do what we want. But what do we need lies for, when the foundation of our life is securely in Christ’s love and glory?

 人間というのは、嘘をつく唯一の動物です。嘘というのは、私たちの願望や行いを他人の前で正当化するため、もしくは他人にやってもらいたいことをやってもらうためには役に立ちます。しかし、キリストの愛と栄光が私たちの生活基盤を守ってくださっているのなら、なぜ嘘をつく必要があるのでしょうか。

 

The disciples, and now us, were not being sent out to make people like them or follow them. A follower of Jesus is committed only to speak about Christ and his holiness, not convince others of our own holiness. We might be tempted to lie if we think people might be offended by the name of Christ, or to cover up our commitment if others would think us naïve or weak. And that is where Christ wants us to be quiet in our hearts. We don’t have to prove anything, the truth will come out in the end. But it is our choice whether to begin living in the truth now.

 イエスの弟子たち、現代では私たちのことですが、彼らは、人気者になったり、人々にイエスの教えを信じさせたりするために、町に送られたわけではありません。イエスの信者は、キリストとキリストの神聖さについて話すだけであって、他人に自身が神聖であることを認めさせたりはしません。もしかしたら、キリストの名前によって他の人が不快な気持ちになるかもしれないと思うときは、嘘をつきそうになるかもしれません。もしくは、イエスの信者は傷つきやすくて弱いと思われている時に、神への忠誠を隠したくなるかもしれません。そういう時こそ、恐れずに落ち着くべきだとキリストは言っているのです。なぜなら、私たちは何も証明する必要はないのです。真実というのは、最終的には明らかになります。しかし、今、真実の中で生きる決意をするかどうかは、私たち自身が決めることなのです。

 

We are waiting anxiously to see what will happen to virus transmission as people begin to gather in restaurants and parks and shops. Various predictions seem reasonable, but time will show which ones are accurate in the number of sick, the number of deaths.

 私たちは、レストランや公園や小売店に人が集まり始めるにつれて、ウィルスの伝染がどのようになるのか不安に思っています。理にかなったようにみえる予測はいろいろとありますが、時が来れば、感染者数や死者の予測は、どれが正しかったのか、いずれわかることでしょう。

 

So Christ is inviting us to step into the truth now. Why not live in the light of what Christ is saying to you in the dark of your private thoughts? What do you hear Christ teaching you?

 キリストは、今、皆さんを真実の道へといざなっているのです。キリストがあなたに個人的に語りかけていることを、自分の中に留めずに表舞台に出してみませんか。キリストはあなたに何を教えようとしていますか。

 

Different people have told me that the time alone, the time without rushing around, the time without the usual routine, has given them a different perspective. Things they used to think were really important seem to have dropped away, and things they barely noticed have become clear. They are asking different questions about life. How long do you think our changes will last, if we are able to return to a life similar to what we had before?

 一人の時間を過ごしたり、時間に余裕があったり、いつもと違う生活を送る中で、違う考えを持つようになったという人は少なくないようです。以前はとても重要だと思っていたことが、それほど重要ではなくなり、今までほとんど気にも留めなかったことに、はっきりと気が付くようになったと言うのです。そして、もし私たちが以前と同じような生活に戻る時が来るとしたら、この変化というのは、いつまで続くのだろうかという疑問を持つようになるのです。

 

My husband comes from a country with limited water. All these years in the United States, and he still stops the water to soap up, then turns the water back on to rinse. That is a wonderful example of not forgetting what is true and good, no matter your circumstances and no matter what others do.

 私の夫は、水資源にそれほど恵まれていない国の出身です。米国での生活は長いですが、彼は未だに石鹸を泡立てるときには水を止め、洗い流すときにのみ水を流します。これは、環境が変わっても、他の人がどうしようと、いつでもどこでも実践すべきことを忘れずに続けている素晴らしい例だと思います。

 

That, my friends, is the difficult transition between what we hear in the dark, in the privacy of our lives when God speaks to us, and whether we want that word to keep on changing our life when we are back where other voices are louder around us.

 皆さん、これは、他の声の方がよく聞こえる環境に戻った際に、個々に聞いた神の言葉に、人生を変える力を与えたいと思うかどうかの難しい選択なのです。

 

What you know in your heart about Jesus is true. That will last until the end of time and beyond. How hard it is to speak that in the middle of everyone. The roofs of Palestine were flat, and people could shout out news from there to the neighborhood. Why aren’t we more open about what we know about Jesus? The truth about God’s goodness and power will stand the test of time and eternity.

 

 あなたの心の中のイエスは本物です。いつまでも消えることはないのです。しかし、他の人の前で、このようなことを言うのは本当に難しいことです。かつてのパレスチナでは、家々の屋根は平らで、近所に知らせたいことがあれば、屋根の上から叫ぶことができました。なぜ、私たちはイエスについて、もっと公にすることができないでしょうか。神の慈愛と力は、真実であり、困難な時を超えて、永遠に存在するものなのですから。

1月第5週

5th week of January

 

                    2016年 牧師からのメッセージ

                          2016 Pastor’s Message

 

イエス様の御名前を通して、皆様にご挨拶申し上げます。今年(72年目)の年間標語はヤコブの手紙1章21と22節から、「心に植えつけられた御言葉をすなおに受け入れなさい。この御言葉はあなたがたの魂を救うことができます。また、御言葉を実行する人になりなさい。」この標語は、まさにイエス様が私達の心の中で育つよう、ひとりひとりに御与え下さった種のことを表しており、では我々はその種をどうやって育てていくのか、ということを考えさせられます。

Greetings in the name of our Lord Jesus Christ.  Our verse for our 72nd year urges us to cooperate with the gift of the life of Christ growing within our hearts.  “Receive with meekness the implanted word, which is able to save your souls.  But be doers of the word…”  (James 1: 21b,22a)  

 

1944年、まさに世の中は第二次大戦の真只中、一世、そして二世の日本人はアメリカでの生活に根を下ろすのには厳しい時代でしたが、それでも新天地を求めてフィラデルフィアに移ってきました。そしてもう一度、信仰を持ち心機一転がんばろう、という思いでいっぱいでした。この時がJCCPの始まりです(当時はPhiladelphia Christian Fellowshipと呼ばれていました)。それから72年間、絶えること無く根を生やし続け、信仰に基づいた素晴らしい集まりとして、今に至っています。例えば、日本に戻った方で、JCCPのような集まりをなかなか見つける事ができない、という声はよく聞きます。さて、このJCCPは、さらに希望と信仰に満ちたものにしていこうという思いから、まずは「何事にも感謝の気持ちを」、を念頭にかかげ新年を迎えました。

You are a remarkable congregation.  When people return to Japan, they complain  that they cannot find such a congregation as JCCP anywhere.  Like every congregation, there are many ways we hope to become stronger and more joyful in 2016, but we start the year with thanksgiving.  We live in gratitude to those who have gone before.  Our JCCP founders, Issei and Nissei, suffered so much to establish their lives here in the United States, yet when they were uprooted again, they came to Philadelphia in 1944 to start once more with faith.

 

現在、我々JCCPの牧師と長老たちは、JCCPを長い間、信仰者としてサポートして下さった年配の方々のために、少しでも安心と快適さを提供しようと励んでおります。

The current leadership of this church is striving to fulfill a commitment to provide stability and care for all of our seniors.  The seniors have supported JCCP with their constant prayers, sacrificial work and generous regular offerings.

 

また、アメリカに在住する次世代の日本人の方々のためにも、まずは安心と快適さを提供し、なおかつ、信仰を探している方に全面に協力できるよう、日々励んでおります。

At the same time, the current leadership is striving to fulfill a commitment to future generations of Japanese American Christians who need a living fellowship in which to grow and serve.  Their lives are strikingly complex and evolving.

 

我々は二つの目標を持っています。一つは「安定」であり、もう一つは「成長と発展」です。一見この二つは相反しているようですが、実は、お互いに深くつながっています。教会はいかにその二つをコネクトし、皆様に示すことができるか、という役割を担っています。例えば、イエス様から12人の弟子に語られた教えを、我々は伝えていくという役割を持っています。その一方で、我々は常に神様からのガイダンス、つまり導きを探しています。その導きは、それぞれ人や、状況によって違ったものであります。しかし、結局、これらは深いところでつながっています。

The two commitments, one to stability and the other to growth and change, may at first seem to be pulling in opposite directions.   The Christian church, however, has always maintained faithfulness to the apostolic tradition while seeking God’s guidance in changing circumstances.

 

去年、我々の教会は、毎週礼拝を開き、人々と交流を持つことができました。今年は、まさに年間標語にあるように、イエス様から我々ひとりひとりの心の中に植え付けられた御言葉を受け入れ、行動に移し、さらに信仰と交流を皆様といっしょに深めていければなと願っています。また、日本人のコミュニティーとして、日本語と英語の両方をうまく使っていけるようにも心がけています。そして、一世の日本人だけでなく、アメリカで生まれた、また育った日本人の子供たちのためにも、どうやってキリスト教を伝えていくかということに全力を尽くしている次第です。教会は、この世のすべてのことは、神様が導いてくださるということをいつも信じていますし、我々信者は、それを常に心の糧として生きています。

 

Our congregation gathered consistently for worship last year without many special events that gave big attendance bumps.  Our new vision will grow up out of that steady worship and fellowship.  We are challenged with maintaining our identity as a Japanese community of faith along with being a bilingual welcoming community.  We struggle to find ways to help our families teach their children about Japanese Christian values as part of their Japanese American identity.  As a Christian church, we must discern how God is leading us to minister beyond ourselves.   All these are aspects of cooperating with the life of Christ within us.