1月第5週

5th week of January

 

                    2016年 牧師からのメッセージ

                          2016 Pastor’s Message

 

イエス様の御名前を通して、皆様にご挨拶申し上げます。今年(72年目)の年間標語はヤコブの手紙1章21と22節から、「心に植えつけられた御言葉をすなおに受け入れなさい。この御言葉はあなたがたの魂を救うことができます。また、御言葉を実行する人になりなさい。」この標語は、まさにイエス様が私達の心の中で育つよう、ひとりひとりに御与え下さった種のことを表しており、では我々はその種をどうやって育てていくのか、ということを考えさせられます。

Greetings in the name of our Lord Jesus Christ.  Our verse for our 72nd year urges us to cooperate with the gift of the life of Christ growing within our hearts.  “Receive with meekness the implanted word, which is able to save your souls.  But be doers of the word…”  (James 1: 21b,22a)  

 

1944年、まさに世の中は第二次大戦の真只中、一世、そして二世の日本人はアメリカでの生活に根を下ろすのには厳しい時代でしたが、それでも新天地を求めてフィラデルフィアに移ってきました。そしてもう一度、信仰を持ち心機一転がんばろう、という思いでいっぱいでした。この時がJCCPの始まりです(当時はPhiladelphia Christian Fellowshipと呼ばれていました)。それから72年間、絶えること無く根を生やし続け、信仰に基づいた素晴らしい集まりとして、今に至っています。例えば、日本に戻った方で、JCCPのような集まりをなかなか見つける事ができない、という声はよく聞きます。さて、このJCCPは、さらに希望と信仰に満ちたものにしていこうという思いから、まずは「何事にも感謝の気持ちを」、を念頭にかかげ新年を迎えました。

You are a remarkable congregation.  When people return to Japan, they complain  that they cannot find such a congregation as JCCP anywhere.  Like every congregation, there are many ways we hope to become stronger and more joyful in 2016, but we start the year with thanksgiving.  We live in gratitude to those who have gone before.  Our JCCP founders, Issei and Nissei, suffered so much to establish their lives here in the United States, yet when they were uprooted again, they came to Philadelphia in 1944 to start once more with faith.

 

現在、我々JCCPの牧師と長老たちは、JCCPを長い間、信仰者としてサポートして下さった年配の方々のために、少しでも安心と快適さを提供しようと励んでおります。

The current leadership of this church is striving to fulfill a commitment to provide stability and care for all of our seniors.  The seniors have supported JCCP with their constant prayers, sacrificial work and generous regular offerings.

 

また、アメリカに在住する次世代の日本人の方々のためにも、まずは安心と快適さを提供し、なおかつ、信仰を探している方に全面に協力できるよう、日々励んでおります。

At the same time, the current leadership is striving to fulfill a commitment to future generations of Japanese American Christians who need a living fellowship in which to grow and serve.  Their lives are strikingly complex and evolving.

 

我々は二つの目標を持っています。一つは「安定」であり、もう一つは「成長と発展」です。一見この二つは相反しているようですが、実は、お互いに深くつながっています。教会はいかにその二つをコネクトし、皆様に示すことができるか、という役割を担っています。例えば、イエス様から12人の弟子に語られた教えを、我々は伝えていくという役割を持っています。その一方で、我々は常に神様からのガイダンス、つまり導きを探しています。その導きは、それぞれ人や、状況によって違ったものであります。しかし、結局、これらは深いところでつながっています。

The two commitments, one to stability and the other to growth and change, may at first seem to be pulling in opposite directions.   The Christian church, however, has always maintained faithfulness to the apostolic tradition while seeking God’s guidance in changing circumstances.

 

去年、我々の教会は、毎週礼拝を開き、人々と交流を持つことができました。今年は、まさに年間標語にあるように、イエス様から我々ひとりひとりの心の中に植え付けられた御言葉を受け入れ、行動に移し、さらに信仰と交流を皆様といっしょに深めていければなと願っています。また、日本人のコミュニティーとして、日本語と英語の両方をうまく使っていけるようにも心がけています。そして、一世の日本人だけでなく、アメリカで生まれた、また育った日本人の子供たちのためにも、どうやってキリスト教を伝えていくかということに全力を尽くしている次第です。教会は、この世のすべてのことは、神様が導いてくださるということをいつも信じていますし、我々信者は、それを常に心の糧として生きています。

 

Our congregation gathered consistently for worship last year without many special events that gave big attendance bumps.  Our new vision will grow up out of that steady worship and fellowship.  We are challenged with maintaining our identity as a Japanese community of faith along with being a bilingual welcoming community.  We struggle to find ways to help our families teach their children about Japanese Christian values as part of their Japanese American identity.  As a Christian church, we must discern how God is leading us to minister beyond ourselves.   All these are aspects of cooperating with the life of Christ within us.